メニエール病は多くの人が悩む病気~病気改善メニメニ回復~

男女

めまいの半数以上を占める

回転性のめまいが特徴です

hospital

風邪をひいてめまいが起きてしまうこともありますが、普段めまいが起きたときにはメニエール病も疑った方がいいでしょう。めまいの原因の代表ともいえるメニエール病は、ひどい時はベッドに寝ていても自分の体がどこにあるのか分からないぐらい、グルグル回っているように感じます。このような激しい回転性のめまいに吐き気や嘔吐を伴ったりします。また耳鳴りや難聴などもあり、つらい病気なのです。受診が遅れると聴覚の異常が戻りにくくなるため、できるだけ早く医療機関を受診するようにしましょう。

疫学と原因

メニエール病の有病率は人口10万人あたり16〜38人程度で、男性では40代、女性では30代が発症のピークと報告されています。男女別では男性より女性の方が多いとされています。発病の季節性は無いと言われていますが、気圧の谷が通る時に発作が起きやすいとも言われています。発作は夜間より昼間に起こりやすく、心身ともに疲労している時に起こりやすいことから、精神的、肉体的ストレスが関係しているのではないかと考えられています。メニエール病は内耳に内リンパ水腫という水ぶくれができ、これが体のバランスのセンサーを圧迫することで平衡感覚に異常をきたしてめまいが起きるとされています。しかしなぜ水ぶくれができるのかは判明していません。ですが検査は確立されてきているので、医療機関にて早めに検査を受けましょう。いまはバランス感覚を調べるものや、目に異常がないかを調べる方法などでまず調べていくことが多いです。