メニエール病は多くの人が悩む病気~病気改善メニメニ回復~

男女

内耳が関わる病気

内耳異常が引き起こす症状

hospital

メニエール病とは、内耳が内リンパ水腫を引き起こし圧力がかかってしまった結果、内耳が司る機能に様々な症状が現れる病気です。先進国での発症率が高いことや男女問わず働き盛りの年代の患者が多いことから、過度なストレスが発症の主な原因であると言われています。ストレス以外にも、免疫力低下や血流不全などの心身不調が発症原因となるようなケースも存在します。 一般的には、メニエール病と言えば目眩が主な症状であるという認識が浸透しているようです。確かに内耳の病気であるメニエール病を発症すると回転性の目眩を引き起こすケースが多く、人によってはただ立っていることでさえ難しいほど目眩が酷くなってしまうそうです。ただし、重度の目眩を引き起こす耳の病気は他にも存在します。突発性難聴や脳障害などの病気です。目眩が酷いからメニエール病になってしまったと決めてしまうのは、ある意味危険でしょう。目眩の程度に関わらず、違和感を抱いたらすぐに耳鼻咽喉科を受診することが大切です。

治療に有効な工夫や心がけ

では、万が一メニエール病と診断されてしまった場合、日頃どのような事に気を付ければよいのでしょうか。まず前提として、メニエール病には症状や種類によって治療法や日頃気を付けるべきことが変わるという認識を持つ事が最も大切です。医師の指示に従って、無茶や過労につながるような事を極力控える工夫が有効です。メニエール病とストレスが密接に関係しているので、このような工夫が治療効果の底上げにつながると考えられます。 更に、日頃から水分を取りすぎない事も大切です。メニエール病によって内耳に内リンパ水腫が存在する以上、あまりにも過剰に水分を摂取すると内リンパ水腫を悪化させる原因にもなりかねません。だからと言って水分を摂取しなさすぎると脱水症状などを引き起こしてしまいます。季節や体の状態に合わせて適切な量の水分を摂取することを心がけることは、体にとっても良い事です。 このように、メニエール病は治療以外にも工夫すれば症状緩和につながる要素がいくつか存在します。ご自身の症状にあわせて、無理のない範囲で試してみると良いでしょう。尚、実行する前に必ず主治医に相談してください。